Please Please Please / tribute to James Brown

ブログ新しくしたんで昔の動画ですがちゃんと紹介しておこう、かと。

ジェームス・ブラウンのカバー。
Please Please Please
これアップしたの10年近く前になるんですね!驚き。

この演奏自体、多分12年くらい前じゃないかな?
もしかしたらヴォーカリストとしての最後か最後から2番目のライブ、
しかも実はライブの音源じゃなく、練習音源だと思います。
MDウォークマンかなんかで録音したやつ。

Please Please Pleaseの初練習の音源。

当時のコンディションブルー、ねいろやのマスターのバンド。
2ヶ月に一回ゲストで参加していたバンドです。
コンディションブルー+サックス。
そういう編成での音源ですね、

別になんの打ち合わせもなく、
こんなブルージーに演るとかの話もなく、
何故かこういう演奏になった。

完全にスローバラードですよね。

この頃はまだギターも再開せず、完全にヴォーカリスト、
ブルースを中心にしたカバー曲バンドや、
いろんな企画物、
たまにオリジナルを演るバンド、
そして週に2、3回、ねいろやハウスバンドとセッション。
そんな生活。

音楽が演れる事が嬉しくて、
20代のブランクもあったから、それを取り戻すのに一生懸命!
そんな頃です。

そうそう、アップした頃は音源しか無くて動画無くて。
海外のAnimotoだったかな?
画像を組み合わせてスライド動画みたいなの作ってくれるサービスを使ってアップしたんですよね。

ブログ書くにあたって久しぶりに聞き直したらなんか懐かしくなった。
歌のパワーは一番ある頃ですね。
これは取り戻さないと。
歌の技術は20代の頃、パワーは30代の頃が一番だった。
40代で両方取り戻したかったけど、ギターばっかりで無理w
50代はまた歌頑張りたいですね!!