Stevie Wonder Master Blaster (Jammin)

今年一本目のライブを2月に控えてるんですが、
ちょっと新しいカバー曲を演ろうかといろいろ考えています。

このブログのこのカテゴリー、
”今日の一曲”は、
まさしく自分が死ぬまでに演ってみたい名曲を紹介していくつもりなんですが、
今、考えてるのはすぐにでも演りたい曲!

で、その候補として、
名曲、Stevie WonderのMaster Blaster、です。

スティービー・ワンダーの曲って今までスーパーステーションしか演ったこと無い。
しかもスーパーステーションはスティービー・ワンダーのカバーというより
ジェフ・ベックバンドのカバーという感覚でやっていたから。

いや、こんな歌のカバーって、恐れ多くて出来ないというか。
僕の歌ではとてもとても表現できないって、
正直今まで尻込みしてました(^_^;)

何よりも僕にはkeyが高いですしね。

でも演るならこの曲、いつか演ってみたい!
そう思っていましたよ。
”Master Blaster”

実はこの曲がボブ・マーレーをリスペクトして作られたというのも
最近まで知りませんでした。
歌詞にも出ているのに。
しかも、Jamminなのに。

ボブ・マーレー大好きなのに。

でもその話を知って聴くと本当になるほど!!と思えますね。

ボブ・マーリーをカバーする人って
レゲエをルーズに表現してしまう人以外と多いですよね。
ちょっとレイドバックした感じに。

クラプトンのI Shot the Sheriffとか。
もちろんあれは狙ってるんだと思いますけど、
原曲の緊張感とかが好きな僕はどうもあのバージョンに馴染めない。

スティービー・ワンダーのMaster Blasterは、
そのボブ・マーリーのタイトな緊張感とか凄くよく出ていますよね。

そしてあの歌!
凄まじいスピード感で入ってくる。
格好いいですよね!!

この曲、ポイントとか
もうおこがましくて言えない、
と言うか自分で、自分なりにでも表現できる自信が持てない。

でも、まんまこのスティービー・ワンダーの歌を真似るわけには行かないですよね。

タイトなリズムの表現。
レゲエと言うより、タイトすぎて完全に3連の感じですけど。
そしてビートがぶつかっていく、あの緊張感。
そして、スピード感。

その上でワクワクするビート感!!!

そういうものを表現できたら良いですね。

久しぶりにこの曲聞いていく中で面白いカバー曲、出会えました。
良いカバーなので貼っておきます。


Stevie Wonder – Master Blaster (Brothers Moving cover)

これはちょっとロック寄りだけど、ボーカルがいい雰囲気出していて凄く格好いい!
知らない人だけど人気あるんだろうな。


Stevie Wonder Master Blaster/Bob Marley Jammin’ Full cover! by MiC LOWRY

こちらはまた上手い!!全員歌えて全員上手い
しかも途中からBob MarleyのJammin を絡ませていてそれが絶妙。

両方とも本当に良いカバーです!

ライブで演る曲、
まだ決定してないですが早く決めないと時間無いですね。
他の候補曲もまた紹介していきますね。