大好きなcharの曲、”籠の鳥”のカバーです。

JOHNNY,LOUIS&CHAR名義の”Free Spirit”に収録。1979年なんですよね。
僕は1980年、15歳の時に友達にカセットテープにダビングしてもらって、
本当によく聞きました。
たぶんCharのアルバムで一番聞いたのはこのアルバムだろうな。

高校3年の文化祭でもCharのコピーバンド演ろうとしていて、
残念ながらその年の夏に
事故を起こして文化祭出られなくなったんですが(^_^;)

その後もボーカリストとしても
このアルバムから結構カバーさせていただきました。

この動画2011年9月にアップされていますね。
左手だけでギターを弾くことを始めて
ちょうど丸一年経った頃。

ストロークが出来ないからアルペジオでなんとか感じでないかな、
とかやったんだと思います。
ギターソロとか全然だめですね(^_^;)

座って弾いているのもこの頃だけなんですよね。
段々と立って弾くほうが弾きやすくなっていったんで、
今では座るとうまく弾けなくなった。

ギターは初フェンダー!
メキシコですが。
Fender classic series ’50s stratocaster ですね。
ノイズが多くて、ヤフオクで知り合った方にノイズ処理してもらったやつ。
今でもライブでストラト使う時はこのギターです。

演奏したのは。これ自宅のボロボロの倉庫の中。
マイクも使わず生歌で、Zoom Q3HDで撮ったんですね。

久しぶりに観ました。
やっぱり良い曲だな。
また演ろうかな。
最初の頃はライブでも何回か演っていた気がするな。

Charの曲は、ギター弾いて歌う人間にとっては
本当に憧れなんですよね。

ギターだけじゃない、歌だけじゃない、
両方を演る人間って、片方だけの人と
曲、詞、ギター、歌、
その絡み方が違うんです。
その全てがちゃんと上手く絡んでくれないと、
演奏として纏まらない。

そういう意味でもChar、大好きです。

また演りたいですね、Charさんのカバーは。

使用機材
Fender Classic Series ’50s Stratocaster
(pickmesweet_jp氏カスタマイズ)

TECH 21 Trademark 60

TONERIDER Analog Delay AD-1

Zoom Q3HD