About Me

20729217_1402930126481322_7711622041398602058_n

イーグルスに影響を受け14歳でギター始め16歳でバンド活動を開始。様々なジャンルの音楽に触れる。

18歳で交通事故に遭い後遺症から右腕麻痺になりギターを断念。
その後ボーカルに転向。が、しかし「ギターが弾きたい!!!」というギターへの情熱は捨てきれず、
45歳の夏「自分の歌の伴奏としてのギター」なら、左手だけでも音楽として成立するのでは?
と、思い立ち、ギターを27年ぶりに再開。

左手のギターを成立させるために様々な工夫をしつつギター再開の8ヶ月後、
ギターの弾き語りによる初ライブを開催。そのスタイルに手応えを感じる。

大分県を来県するミュージシャン、
石田長生氏、ギターパンダ氏、本村直美氏らのOAを務めながら
その後もギター奏法に工夫を重ねる。

エレキギターによるシンプルな音使いのコード、
そしてディレイとルーパーのエフェクターを駆使した奏法は
独自の世界観を醸し出し、
当初の「自分の歌の伴奏としてのギター」としての目標を超え、
唯一無二の音楽スタイルを創りだした。

メディア情報

2014年5月

OAB(大分朝日放送)のスーパーJチャンネルおおいた(動画)

2014年3月

朝日新聞(大分版)

片手で得た音・歌・自分…左手のギタリスト

2014年4月

西日本新聞

左手だけのギタリスト 仕事の傍ら月1ライブ 由布市の岩谷健司さん(48)

現在、九州を中心にライブ活動中。

2015年5月19日より、ファースト・アルバム Aquarius-水瓶座の時代- 発売開始