Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”一方でも正しければ合格”です。

Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”一方でも正しければ合格”です。

Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”一方でも正しければ合格”です。

Swift Playgrounds コードを学ぼう1
論理演算子編”一方でも正しければ合格”です。

目標:演算子を使って、2つの条件のどちらかが当てはまる場合は、進む方向を変えましょう

2つの条件があったときに
どちらかの条件が当てはまれば
コードが実行される。
それがOR演算子
”||”
とのことです。

if isOnGem || isBlockedLeft {
moveForward(
}
の場合、
宝石があるか、
左側の壁があるかのどちらか
もしくは両方当てはまったときに
前に進むと言う事ですね。

今回のケースですと
前に壁がある場合か
もしくは
左側に壁がある場合に
右に回るようにする。
そして最後に宝石を取る。
それでいけそうな気がします。

以下のようにしました。

Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”一方でも正しければ合格”です。

クリアです。

次回で論理演算子は最後、
”論理の迷宮”
です。

関連記事

Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”論理の迷宮”です。 課題:論理演算私と条件分岐コードを使って、ステージをクリアしましょう。 これまた、難しい! 条件としては ・宝石と閉じたス[…]

Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”論理の迷宮”です。
Swift Playgrounds コードを学ぼう1 論理演算子編”一方でも正しければ合格”です。
最新情報をチェックしよう!